2011年05月26日

うつ病とアスペルガー症候群

うつ病に似ている病気の1つに、アスペルガー症候群というものがあります。

アスペルガー症候群とは、自閉症のようなものです。ただし、自閉症と違う点は、知的障害および言語障害は、比較的少ないということです。アスペルガー障害とも呼ばれます。

アスペルガー症候群になると社会に対応することが難しく、特定のことに異常にこだわったり、興味の対象が極端に偏ったりすることがあるようです。z「知的障害がない自閉症」として扱われることも多いようです。ですが、正式には自閉症とは区別して違う物として取り扱われます。

精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー症候群のことをアスペルガー障害と呼びます。

1944年、オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガー(Hans Asperger)によって「自閉的精神病質」と初めて報告された例からアスペルガー症候群という名称がついたようです。

また、アスペルガー症候群であることを好評している著名人・有名人は多い。特定のことにしか興味を持てない面はあるものの、興味を持ったことに対しては徹底的に打ち込む気質もあるため、特定のことを極めて著名になるケースもあるようです。

●スティーブン・スピルバーグ

●ビル・ゲイツ

などは、アスペルガー症候群だと言われています。

また、アスペルガー症候群の名称が判明したのは1900年代に入ってからのため、さだかではありませんが・・・

アルバート・アインシュタインやトーマス・エジソン、織田信長、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ・ガリレイなどもアスペルガー症候群だったのではないかと言われています。

精神的な問題のため、うつ病のような疾病だと思われるかもしれませんが、うつ病とは全然違うものになります。

コミュニケーション能力は多少欠如しているかもしれませんが、「これは!」というものに出会えたら、その道の専門家として大成できる可能性も秘めているのがアスペルガー症候群の人たちです。

ゆっくりと、時間をかけて接してあげることで、彼らの才能を活かし、イキイキと能力を発揮してもらうことができるのではないでしょうか。
posted by マコト at 03:22| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病を克服・改善するための情報をお伝えしているブログです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。