2011年05月30日

うつ病による身体の異常

うつ病にかかると身体の以上についてお話します。

うつ病は精神面と身体的な異常の両方を引き起こします。しかも、これらの身体的な異常は医療機関で診断を受けても原因が特定されないことも多いです。

身体に異常があるのに原因の分からなくて苦しんでいる人も多いです。

その原因うつ病である可能性があります。身体的異常のひとつに食欲の変化があります。うつ病によって食欲が現象して食べ物が食べられなくなることもあれば、逆に食欲が増加して過食気味になる人もいます。

体にはあまり良くないのですが、甘いものや炭水化物などを食べたくなる人が多いようです。また、うつ病によって胃腸の調子に異常をきたす人もいます。

ストレスによって異常をきたしやすいのが胃です。なので、うつ病でも症状が現れやすく、便秘・下痢・吐き気・胃痛・むかつきなどは胃からくる症状です。うつ病による胃腸の異常は、直接胃腸を悪くしているウイルス性の病気等とは原因が異なるので、胃腸薬などを飲んでも効果がないことも多いのです。

そのほかうつ病による身体の異常として、目や耳などの機能が低下することがあります。これはうつ病が原因で視覚や聴覚をコントロールしている脳の機能が正常に働かなくなるからと言われています。

眼科や耳鼻科での診断しても、目や耳自体に問題があるわけではないので、原因を特定することは難しいようです。
posted by マコト at 02:16| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病を克服・改善するための情報をお伝えしているブログです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。