2011年05月19日

うつ病の症状とは?

うつの症状とはどういうものかを、今回はお話します。

うつ病は一過性の心理的なストレスによって引き起こされるものがあります。似たような例としては、急性ストレス障害、PTSD適応障害、パニック障害、統合失調症などがありますが、すべてうつ病であるとは限りません。

内因性うつ病というものもあります。内因性うつ病とは、身体のリズム(生体リズム)が季節の移り変わりなどによって体内の調子が変わることで生じるうつ病の症状です。

うつ病にはこのように、さまざまな状態があります。正式にうつ病として扱われるのはDSMという診断基準に従ったものになりまして、「死別反応以外のもので、2週間以上毎日継続して生活の機能障害を呈している」という定義があります。

うつ病になると、やる気がなくなったり、将来に希望が持てなくなったりと、絶望感にさいなまれることになり、とてもつらいものです。過去に自分が行ったことに対する過剰な罪悪感を感じてしまうこともあるようです。仕事や趣味を楽しめないこともあり、自分は価値がない人間なんだと思い込んでしまう人も多いようです。

また、イライラすることが多くなってしまうことから、人に八つ当たりをしたり仕事に手がつかなくなったり、トラブルを起こすケースもあります。うつ病の精神状態が続くのは、そういう意味では決して好ましい状態ではありません。
タグ:うつ病 病気
posted by マコト at 15:54| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病とは?

うつ病とは?あなたはなんだかわかりますか?

不安や焦りから、食欲がなくなったり眠れなくなる不眠症が起こる不眠障害のことをうつ病といいます。精神疾病の1つとも言えますね。

研究が進んだことによって、うつ病は「脳の病」とみなす考え方もあるようですね。薬を使った薬物療法がうつ病治療の主流になってきています。

薬を使わない、認知療法などもありますが、多くの精神科医や心療内科はうつ病の治療に薬を使うことが多いですし、薬物療

うつ病患者の8割以上の人が治療を開始して2・3週間で症状が改善されて回復の方向に向かうそうです。一方で、うつ病になっても治療に行かない人がとても多いようです。うつ病は治療を行えば治せる病気なのに、残念なことです。

性格的な原因が、うつ病になりやすい人、なりにくい人の違いの1つです。うつ病の原因となるのは脳内物質の不足によるという説があります。ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの分泌を促進することでうつ病の治療ができます。

軽いうつ病であれば、日常生活をするにあたって支障は少ないですが、重度のうつ病になると命の危険に至ったり、会社や学校に行けないなど生活に大きな影響を与えることになります。また、治っても再発するケースが多く問題になっております。

男性に比べて女性のほうがうつ病になりやすい傾向もあるそうです。産後にうつ病になったり、季節的な影響というのもあるようですね。精神的なストレスはうつ病になりやすくなりますので、うつ病の原因となるストレスを過剰にかけないようにして、十分な睡眠など休養をとることがうつ病の予防になります。
タグ:うつ病 病気
posted by マコト at 15:42| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病を克服・改善するための情報をお伝えしているブログです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。